2009年03月08日

抗体と再度の注入

ふくらはぎボトックスはどの部位に行う場合でも永続的に効果が続くわけではありません。

ですからふくらはぎにボトックスを注射してそれを維持しようと思ったら、継続的に繰り返し行う必要があるのです。
というのも脂肪吸引などのように筋肉をそぎとってしまうのではなく、筋肉を麻痺させるように神経伝達部分を切り離してしまうのがボトックスだからです。

また切断された神経伝達回路は復活して結合してしまいます。
そうすると筋肉に伝達するようになり、筋肉がついてくるようになってしまうのです。

筋肉がつくには3ヶ月から半年ぐらいかかるといわれています。
ふくらはぎを細くする効果を持続させたい場合には、またその時期にボトックス注入を行わなければなりません。

適切なボトックス注入を行うことで、ふくらはぎの細さを持続できるというわけです。

効果の持続期間は個人差がかなりありますので、施術を担当した医師と相談して次のボトックス注入の時期を決めましょう。

ボトックスの注入を長期間にわたって繰り返し行っていくと以前より効果が得られにくくなることがあります。

これは抗体ができてしまったためです。飲みすぎると薬が効きにくくなったり、菌の力が以前より強くなって今までの薬が効かなくなるということがありますよね。

ボトックスにもそれと同じことがいえるのです。抗体はボトックス注入の時期が早すぎた場合に起こりやすい現象です。

ですから、この抗体を作らないために効果が切れる前に早すぎる注入を繰り返し行うことは避けたほうがいいでしょう。

また、量も適量にしなくてはいけません。ふくらはぎを細くするためにも信頼できる病院と医師としっかり相談してボトックスを注入しましょう。
posted by くらうど at 17:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

ボトックス注射を受けられない人2

ボトックスは安全性が確認されており、副作用が少ないと認知されているものです。

しかし、状態によってはボトックス注射を受けられない場合があります。

ボトックスに含まれているボツリヌス菌には、食中毒を起こす作用があります。

これまでに、ボツリヌス菌が原因で食中毒を起こしたことのある方はボ
トックス注射を受けることはできません。

また、過去にボトックスが胎児に影響があるという報告はありませんが、妊娠中の方や妊娠の可能性のある方、および授乳中の方は胎児への影響を考えてボトックス注射を受けることはできないことになっています。

ボトックスは筋肉や神経に作用するものです。

ですから、神経筋の接合部分の障害を持っている方。

例えば、筋委縮性側索硬化症・重症筋無力症などの病気を抱えている方などです。

これらの病気を抱えている方は、ボトックス注射は受けられません。

そして、C型肝炎やB型肝炎などの感染症を持っている方も受けられません。

これは、感染を防ぐためです。

また、呼吸器系に障害のある方。

例えば、高度呼吸機能障害や心臓病などを持っている場合です。

この場合もボトックス注射は受けられません。

これらは全てボトックス注射の施行は禁止されています。
posted by くらうど at 02:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボトックス注射を受けられない人

なかなか痩せにくいふくらはぎをほっそりとさせるのに効果的なボトックス注射ですが、残念ながらボトックス注射を受けられない人がいます。

女性の場合、妊娠中の方、もしくは妊娠している可能性のある方、それから現在授乳中の方はボトックスを受けることができないことがほとんどです。

また、できればボトックス注射後、半年ぐらいは妊娠を避けたほうがよいとされています。

どのような関係があるかというと、局所麻酔をする可能性があるからです。

お腹の赤ちゃんへの影響が懸念されます。

大事な赤ちゃんのことですから、医師ときちんと相談して今後の事を考えて先に延ばしてもらうなどしてもらいましょう。

そのほかにも何か症状がある場合には、安定してからボトックス注射を行うように薦めているクリニックもあります。

例えば慢性の持病(呼吸器障害)を患っている人、心臓や血管系の疾患のある人、神経系の疾患がある人、そして高齢者などです。

このような状態を抱えていると決してボトックス注射ができないというわけではありません。

ですが、体調が悪いのにもかかわらず無理をしてはいけないという病院側からの配慮なのです。

主治医や美容外科医と相談してボトックス注射をするかどうか決めるのもいいかもしれませんね。

様子を見ながら少量のボトックス注射からはじめる場合もあります。

ボトックスの商標登録をしているアメリカのアラガン社では美容を目的としたボトックス注射の対象年齢を18才〜65才までとしているようです。
posted by くらうど at 02:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。