2009年02月28日

ふくらはぎボトックス

ふくらはぎの太さで悩んでいる人は、沢山います。私もその一人です。

スカートを履いてもふくらはぎが太くて、下半身がボテッとして見えたり。
その姿を見るのが嫌で自然とスカートを履かなくなっていたいりしませんか?
そんなふくらはぎを細くすると今注目されているのが、ふくらはぎボトックス注射です。

ふくらはぎボトックス注射は、よく顔のシワとりやエラの張りを治すのに使われています。
では、ボトックスとは何なのでしょうか。

ボトックスとは、クロストリディウム・ボツリヌスムという細菌いわゆるボツリヌス菌が分泌する毒素を使って、筋肉の神経や筋肉の接合部分に作用してアセルチルコリンの分泌を抑制する働きがあります。

アセルチルコリンという筋肉を動かせる働きを持った物質の分泌を止め、筋肉を動かなくさせるのです。

そうすることで、動かせなくなった筋肉は萎縮していき、ふくらはぎが細くなるというわけです。

スカートに自信がないという方でも、ふくらはぎボトックス注射を受ければ憧れの美脚に変身できるのです。
posted by くらうど at 00:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふくらはぎボトックスとは

最近ヒアルロン酸注入と同時に人気が出ている美容整形のひとつにふくらはぎボトックス注射があります。

ふくらはぎボトックスといいうのはアメリカで認証されている医薬品で、A型ボツリヌス菌という神経毒素を使って筋肉を緩めることでシワや筋肉退化に効果があるものです。

毒素というとなんだか体に悪そうな気がしますが、体に悪影響を与えるようなものではありません。
15年ぐらい前から臨床実験を繰り返しているので、信頼できるふくらはぎボトックスであればアレルギーを起こす心配もなく安全です。

しかし、信頼性の高いボツリヌス菌を使用しているかどうかの基準は選択によります。一番安全性が高いとして使われているのは、アメリカのアレガン社が生産しているふくらはぎボトックスです。

美容整形外科のクリニックで、「アメリカのアレガン社のボトックスを使っています」と明記しているところなら信頼できるクリニックだと言ってよいでしょう。

実際にボトックスを注射するときは細い針を使います。

注射した付近の筋肉が麻痺するので、ふくらはぎのほかに顔のシワをとるのにもよく使われている施術方法です。

ボトックス注射をした部分にだけ効く為、ほかの部分には影響しないのでふくらはぎボトックス注射をしてもそのまま歩いて帰ることが可能なのです。

少し歩きにくく感じたり、筋肉が委縮している状態なのでふくらはぎに違和感を感じるかもしれませんが、時間と共に薄れていくので気にしなくても大丈夫です。
posted by くらうど at 00:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。